機械仕掛けの召喚師
ここはオンラインゲーム「MU~奇跡の大地~」イグニスワールドに生息する召喚師の活動記録です。興味の無い方は、即刻回れ右でご退室ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明石にて
こんにちは
今日は休日ということで、まったりとブログを更新中(笑)

先週は山陽を転々としていましたが、最終日は明石に立ち寄りました。



金曜日の午前中に明石に入りました。
明石駅前には古くからの商店街があり、そこにある数件のお得意先を訪問するためです。

商店街の名は「魚の棚商店街」

s350.jpg

もう訪れるのも何度目かになりますが、苦境の中生き残っている商店街のうちのひとつであろうと感じます。

というのも、昨今、地方の商店街というのは本当に疲弊しているからです。
私の地元の商店街をはじめ、いわゆるシャッター通りとなってしまっている、あるいは、そうなりつつある商店街も数多く見てきました。
商店街は、簡単に言えば専門店の集まりです。
改正された大店法により大手量販店が乱立する中、人々は質よりも利便性を求める風潮へと流れて行ったと感じます。
また、お店の人と言葉を交わす対面販売が、今の若者には苦手という面もあるのかもしれません。
ネット社会ということもあり、情報は言葉よりも文字での伝達が主流になっているようです。
どちらもメリット、デメリットがあるので、一概にどちらがいいとは言い難いのですがね・・・。

となると、商店街の集客力が落ちるのは必然です。
お得意先の店主にお話を伺ったところ、年末もそこまで忙しくなかったとか・・・。
年の瀬といえば、お正月の準備ということで買いだめをする客で大忙し、というイメージがあるが、今はそれも違います。
大手小売店が元旦から普通に営業しているから。
第一、コンビニもあるしね。
何か足りない物があれば、ちょっと買いに行けば済む時代なのである。
それすらしたくない人は、配達のおせち料理などを買うのだろうか・・・。
大手の広告など、あれで1万円とか原価考えると恐ろしいものがあるが、それでも売れているらしい。

では、どうやって商店街は生き残っていくのか。
「今のお客さんは地の人が半分、もう半分は観光客や。」
先の店主はおっしゃる。
結局、外から人を呼ぶ以外にないだろうと。
その点では、この魚の棚商店街は恵まれている。
中でも最もポピュラーなのが・・・

「明石焼き」である。



というわけで、(前振りが長かったですが
仕事を終えた私は、昼食を兼ねて明石焼きを食べることに

チョイスしたお店は、商店街から通りひとつ外れた「ウタ」さんです。

s348.jpg

訪れたのは2回目。
明石焼きでは人気のお店らしく、気さくなご夫婦が営まれています。
なんでも、本業は結納品店だったとか。
メニューは明石焼きのみなので、さっそく1枚注文する。

この明石焼き、別名を玉子焼きとも言う。
初めて食べた時の衝撃は忘れられないので、今回はその体で書かせてもらうとしよう。

どんなものが出てくるのか?
たこ焼きしか知らない私は、想像しながら待つこと5分。
まずは、何やら徳利と器が出てきた。
「出汁(ダシ)が熱いのでお気をつけくださいね。」
と、おばちゃんのひとこと。

出汁ってなんだ!?

予備知識ほぼゼロだったので、浸けて食べるということ自体に驚いた。
そして、傾いた赤い板にのって明石焼きが登場。

s349.jpg

板は下駄を履いたようになっていて、取り易いように手前に傾いている。
だから、単位が「枚」なのだろうか。
見た目は見慣れたたこ焼きのようだが・・・ちょっと黄色っぽいか。

そして、出汁に浸してひとくち食べてみる。
この時、頭の中にあったたこ焼きのイメージが一瞬にして消え去った。
まったくの別物、形だけ似て非なる食べ物である!

知っている方は何を今更とお思いだろうが、初めて食べた私は衝撃であった。
食感はふわふわで中はとろっとしている。
たこ焼きのように粉っぽさがなく、たしかに玉子感が強い。
それを出汁につけて食べるので、茶碗蒸しに近い感覚があるが、それともまた違う。
そして、明石のタコが美味しい
これなら、2枚くらいは軽く食べられそうですね。

たしかに、初めて出会う食べ物であった。
味の濃いたこ焼きも大好きだが、これは真逆というか、とても上品な味だと感じる。
今回2回目を食べてみて、余計にその思いが強くなった。

ここ明石には、こうした明石焼きのお店がたくさんある。
店によっても味がちがうのだろうか?
次に訪れた時には、違うお店でも食べてみたいものである。

コメント
この記事へのコメント
うわ・・・ウタ懐かしすぎるw

ジツワわたくし訳あって明石に住んでいたのですよ・・w
魚の棚も懐かしいなぁ・・・
タコフェリーだってあったんだょっ!w
2015/01/18 (日) 14:19:32 | URL | はなちい #-[ 編集]
|ω・´)
明石焼きうまいよねぇ…。
食べたくなっちゃった(´・ω・`)

ところで、タコフェリー知ってたりする人めっけ……
2015/01/18 (日) 17:23:51 | URL | |ω・´) #-[ 編集]
> はなちい さん
おっ、明石在住でしたか^^

多分、その頃の方が活気があったんでしょうねぇ・・・。

ていうか、タコフェリー!!?

なにそのめちゃくちゃ面白そうな話w
すげー興味あるんだけどw
2015/01/19 (月) 19:03:56 | URL | あべると #-[ 編集]
> 姉さん
明石焼き美味しいよねー^^
はじめてより2回目のほうが美味しく感じたよ?

タコフェリー気になるーw
それだけで記事ひとつ書けそうじゃん。

コメント欄に、そんなネタをブッ込んでくるとはw
2015/01/19 (月) 19:08:30 | URL | あべると #-[ 編集]
お店で食べる明石焼きって本当に美味しいょねw
時代と共に変化するものもあれば、時代に逆らってでも残さないといけないものがあるよね。
ちなみに私は、お肉だけは時間が許す限り商店街のお肉屋さんで買います。
少しお高くなるけれど品質は文句なし。
豊かさを求めれば求めるほど、利便性や効率を重視し本質を見失ってしまう現実ってしょうがないけど寂しいね。
2015/01/22 (木) 21:30:03 | URL | ぽにっこ #-[ 編集]
> ぽにちゃん
ほんとそうだよねー。
ぽにちゃんの言ってることは正鵠を得ていると思うよ。
そういう人たちが一定以上いれば、専門店や中小のすきま産業はこれからも成り立っていけると思うんだよね・・・。
それはそうと、お肉ってところがぽにちゃんらしいと思いましたw
2015/01/23 (金) 22:05:46 | URL | あべると #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 機械仕掛けの召喚師 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。